リヨン国際学園 日本語科(リヨン・ジェルラン補習授業校)

Section Japonaise de la Cité Scolaire Internationale de Lyon (CSI)




よくあるQ&A

日本語科での授業はどの程度の日本語レベルが必要となるでしょうか?

日本語の授業は、日本国内と同じこと(国語)をしています。 したがって、その年齢に見合った読み・書き・話す能力が必要となります。 例えば、8才のお子さんの場合、原則的に日本の8才の子どもの読み・書き・話す能力が必要となります。

早生まれの場合,使用する教科書は?

1学年下の教科書になります。

参考:対象年齢・学年

うちの子どもは全くフランス語を話せませんが,フランス語の授業についていけるのでしょうか?

全くフランス語を話せない児童は大勢おりFLS(フランス語習得クラス)で勉強します。またホームクラスには同じセクションのフランス語が話せる児童が必ずいるように配慮されていますのでその児童に通訳してもらいながら授業を受けます。

参考:フランス語取得

FLSクラスでどのくらい勉強すれば,他の児童と不自由なくフランス語が話せるようになるのでしょうか?

通常であれば2年間FLSクラスで勉強すればFLSクラスを卒業することができます。児童にもよりますが早い児童は1年長くてもだいたい3年で卒業します。

参考:フランス語取得

フランス現地校へ通いながら,土曜日の日本語補習授業校に通っています。来年度,CM1になりますが,今からでも編入が可能でしょうか?

お子さんの日本語レベルがCM1のレベルであれば,編入試験を経て編入可能です。しかしながらその時点での学年の空き状況によっては編入不可能な場合もありますので編入を考えておられる方は早めに当校日本語科までお問い合わせ下さい。

日本語科では,毎年何名の児童がCPに入学しているのでしょうか?

年度によってまちまちです。(参考)2020年度8名、2019年度7名、2018年度10名


入学説明会の説明は何語で行われますか?

全体説明は小学校校長よりフランス語で行われます。その後,セクション毎に分かれて個別の説明会となり日本語科の説明は日本語で行われます。

参考:入学案内

オープンスクールはありますか?

はい。中・高の校舎のみが開放されますが是非いらして下さい(お子さん同伴可)。

参考:入学案内

入学試験内容は公開されるのですか?

いいえ公開されません。

入学試験でフランス語のテストもあるとのことですが,フランス語の点数が悪いと,不合格になることはありますか?

フランス語のテストはFLS1/2(レベル)の振り分けを決めるための適正テストですのでフランス語が出来ないことが理由で不合格になるということはありません。但しフランスで就学経験のあるお子さんの場合はフランス語が合否の判断基準になります。

うちの子はまだ読み書きができませんが,CP(新一年生)の入学試験に筆記試験はありますか?


CPの入学試験は日本語(国語)の口頭試験のみで筆記試験はありません。

幼稚園はありますか?

ありません。

スクールバスは低学年から利用出来るのですか?

はいむしろ小学部が中心ですので低学年のお子さんもバスを利用しています。

参考:地図・交通機関

日本語科は保護者参加の行事が多いと聞きましたが,どの程度参加しなくてはならないのでしょうか?

保護者は年度毎に係を決めて各自係の仕事をします。未就学児のいらっしゃる方フルタイムで働かれている方には負担の少ない係を担当してもらったりできる範囲でのご協力をお願いしています。各行事に担当の係がありますで全保護者が参加する行事は多くありません。

参考:学校行事

渡仏後,すぐに空席ができない場合,どうすればいいですか

通常は現地の一般校に通学しながら空席がでるのをお待ち頂くことになります。

空席ができた時点で渡仏時期を決めてもよいでしょうか

受験資格は空席が出来た時点でリヨン近郊にお住まいの方(または居住が決まっている方)に優先的に与えられますのでご注意ください。

ビザの入手方法を教えてください

ビザの手続きに関しては在日フランス大使館やローヌ県庁にお問い合わせください。

入学・編入の際の日本語科で使用する教科書は事前に準備する必要がありますか?

日本語科では日本の文部科学省検定済の教科書を使用します。学園に在籍の児童・生徒には,(日本国籍の場合に限り)教科書は無償配布されますが編入生の方は一年間配布を受けることができません。予め教科書のご用意をお顕い致します。但し新一年生はこの限りではありません。

出国前の日本での教科書の入手方法を教えてください。

これから日本を出国されるお子さんが現地到着当初に使用する教科書は学校では事前に用意しておりませんので出国前にJOESから教科書をお受け取りください。教科書の入手方法については海外子女教育振興財団のサイトを御確認ください。http://www.joes.or.jp/kyokasho/

日本語科で使用している教科書の出版社を教えてください。

国語は小学部・中学部ともに光村図書を使用しています。中学部の社会(地理・歴史) は東京書籍です。高等部は教科書準備の必要はありません。

入学・編入の際に必要な学用品,特に,日本で用意した方が良い物があれば教えてください。

ランドセルはフランスの教科書が入らないため実用的に使用できません。A4強サイズのファイルが入る背負うタイプのかばんやリュック等をご使用ください。 国語ノートは学年によって必要なノートが異なります。下記リンク先を御参照ください。 日本の算数ノートは必要ありません。フランスの学校では上履きは使用しません。そのほかの持ち物に関しては入学決定後にご連絡します。

参考:国語科使用ノート一覧

リヨン国際学園には寄宿舎はありますか

寄宿舎はありせん。

制服はありますか?

フランスの学校には制服がありません。校則に記載されているように学校生活にふさわしい服装で登校させてください。フランス法により学校内での宗教を象徴する服装(アクセサリー帽子含む)は禁止されています。

その他のご質問はお問い合わせください。

入学・編入前に必ずご一読くださいませ。