リヨン国際学園 日本語科(リヨン・ジェルラン補習授業校)

Section Japonaise de la Cité Scolaire Internationale de Lyon (CSI)




国際セクション

国際セクションには英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポーランド語、ポルトガル語、中国語、アラビア語科があります。 各セクションでは、その言語を母国語とする教師によりその国の国語/文学と地理/歴史を学びます。


セクションの授業は教育省のプログラムの一般授業とともに時間割に組み込まれています。


在籍生徒は中学卒業資格DNBとバカロレアを国際オプションで取得することが可能です。

日本語科と英語科はそれぞれセクション生徒保護者会による私立経営のため有料となっています。

小学部

リヨン国際学園小学部は、全児童数約480名、CP(日本の幼児年長・小1前期)からCM2(日本の小4後期・小5前期)の学年へ就学する児童を受け入れており、教育内容はフランス教育省の規定プログラムに準じます。

外国語科以外の授業料は公費で負担され、教科書は支給されます。


小学部では、各自が所属する「ホームクラス」(各国の児童が入り混じったクラス)でのフランス語による授業が週18時間、加えて各セクションに分かれての当該言語による授業が週6時間行われます。

CPとCE1(日本の小1後期・小2前期)の学年は、体育の授業として、校外のプールで水泳を習います。


フランス語を習得していない、または十分に習得していない児童はFLS(外国人向けフランス語習得クラス)に受け入れられます。

中学部

中学部は、日本の小学6年生から中学3年生まで(6ème、5 ème 、4 ème 、3 ème ) の4年間です。

リヨン国際学園中学部では小学部より継続のバイリンガル生徒対象の国際セクションに加え、ヨーロピアンセクション(ドイツ語コース)も開講され選抜の上、フランス語が母国語の生徒も受け入れています。

ホームクラスにおける履修教科はフランス教育省の規定プログラムに準じます。


外国語の履修

6èmeよりセクションの言語のほかに、第1外国語(Langue Vivante1)として英語、スペイン語、ドイツ語の中からひとつ選択します。また、4 èmeからは第2外国語(Langue Vivante2)として上記3カ国語にイタリア語を加えた4ヶ国語の中からひとつを選択します。なお5ème以降、希望者はラテン語を追加履修することもできます。


中学校終了資格試験 DNB (Deplome National de Brevet)

3 èmeの6月に中学校修了資格試験DNB(Diplome National de Brevet)が行われます。国際セクション在籍生は国際オプション(Option Internationale)を受験し、成績にセクションの授業科目(日本語科の場合は国語と社会)の評価が加えられます。


保護者説明会,個人面談(Recontre Parents-Professeurs)

年度当初に保護者懇談会が行われ、ホームクラス、国際セクションクラスの担当教師からその学年の授業計画、内容などについて説明を受けます。また、年度中期には学園側から個人面談日が提示され、希望する教科担当教師と面談することも可能です。


成績会議(Conseil de Classe)

各学期ごとにホームクラス単位で成績会議が開かれます。中学校長、生徒指導担当、一般教科担当教師、セクション担任教師と共に、ホームクラスごとに選出された保護者代表と生徒学級委員が出席します。


テスト結果・宿題・成績

インターネットサイト「PRNOTE」にて随時確認できるシステムになっています。年度当初にアクセスコードが保護者に送られます。学期末には封書にて各教科担任の評価が記載された成績表が各家庭に送付されます。


中学校での生活

年度当初保護者が学校に届出することにより、中学校はひとりで地下鉄、バスを使って登下校することも可能となります。また、小学生と同様、スクールバスを利用することもできます。 授業は原則、8時55分〜16時30分までです。 (履修教科、時間割によっては例外的に8時開始、あるいは17時25分終了になる場合もあります。) ただし、水曜日の授業終了時間は13時35分です。

*フランス語補強クラス(FLS・FLE)、選択教科の違いにより,生徒によって登下校する時間が違うことがあります。


給食

5、6、7時間目(11時50分〜14時30分)の間でホームクラスごとに中学部の食堂に移動します。昼食時間は時間割に準ずるため、曜日によって異なることもあります。

高校部

ただ今、製作中です。

高等学部における教育についてはCSIのホームページをご参照ください。