リヨン国際学園 日本語科

Cité Scolaire Internationale de Lyon, Section Japonaise 




学校生活について

以下の情報は2015年9月現在のものです。フランス学校制度の改変により変更の可能性があります。


小・中・高、それぞれの学部による詳しい紹介はこちらをご覧ください。【 国際セクション 】 

ウェルカムガイドブック 】にも詳しい情報が掲載されていますので、あわせてご覧ください。

■ 授業時間

小学部

 月・火・木 ・金 :  9時-16時30分


 課外活動(ペリスコレール活動) :  水曜午前 (任意で有料) :9時~12時



中学部、高校部

 授業時間は生徒により異なりますので時間割をご確認ください。(※)

 各生徒の時間割は新学期初日に配布され、またプロノートでも見ることができます。

 1日の授業時間は10時限に分かれ,1時限は50分です。

(※)中学部:水曜日は6時限までとなります。また6èmeは2限目より授業開始となります。

■ 学校給食

CSIには小・中・高校部それぞれにセルフサービス式の食堂があります。バランスの取れた献立で、前菜、主菜、乳製品、デザートが用意されています。

お弁当の持ち込みは原則禁止ですが、お子さんにアレルギーがある場合は許可されます。学校長もしくは看護師に相談してください。


小学部

全児童は12時〜13時30分の間に食堂でセルフサービスの昼食を取ります(昼食を取るために帰宅することはありません)。 昼休みの間の児童監督は派遣学生に任されています。 給食費は所得に応じて0,80€〜7,30€に設定されています。リヨン市外在住者の給食費は、所得に関係なく一食7,30€です。 毎月末に食事した分の給食費が請求されます。水曜日は午後の授業はありませんが、申し込みにより給食を食べることもできます。


中学部

各自5、6、7時間目(11時50分〜14時30分)の間の空き時間に、食堂で昼食を取ります。支払いは各生徒にプリペイド式の給食カードが渡されます。週ごとに決められた給食数を申し込みます。請求書は月ごとに一括払いです。給食費は各家庭の収入によって異なり、一食当たり1€~3,90€です。割引を受けるには、CAF(Caisse d’Allocations Familiales家族手当 金庫)の発行する証明書が必要です。給食カードを紛失した場合、有料(5€)で再発行可能です。同じアカウントを維持できますので残高がある場合は新しく発行したカードへ移行します。www.caf.fr/ma-caf/caf-du-rhone/actualites


高校部

各生徒はチャージ式の給食カードを携帯します。給食費は一律4,02€(2021年現在)です。

支払いが困難な中高生には、CSIの社会福祉基金があります。 連絡先(Assistante Sociale): +33-(0)4 78 74 05 17

■ 学童保育(ギャルドリー)

仕事をしている保護者は、朝は8時から、夕方は17時45分まで校内の学童保育(ギャルドリー)を利用できます。

ギャルドリーは無料ですが、参加人数に制限があり、利用を希望する場合は年度当初の申し込みが必要です。

■ 体育・スポーツ

EPS (Education Physique et Sportive 体育):時間割内に行われる体育の授業。


AS (Association Sportive ):中・高等部の学校時間外のスポーツ系クラブ活動。

ASは毎日17:30~19:00、また水曜日の午後に行われます。内容は、バレーボール、バスケットボール、フットサル、バドミントン、卓球、室内体操、

野外スポーツ(マウンテンバイク、ハイドロスピード、カヤックetc.)、陸上競技(中長距離走、その他)、空手、ヨガ、ロッククライミングがあります。

費用は年間40€前後です。 

( website :  https://sites.google.com/site/equipeepscsi/