リヨン国際学園 日本語科(リヨン・ジェルラン補習授業校)

Section Japonaise de la Cité Scolaire Internationale de Lyon (CSI)




主な学校行事

※ :保護者主体の活動、:生徒の活動

一学期 9月〜12月

入学式 ( / 生 )

日本ならではの行事である小学校入学式を、保護者の方々と一緒にお祝いします


クラス説明会 ( )

保護者を対象に、各学年ごと、担任、主任による授業の進め方等の説明があります。


日本語科総会 ( )

日本語科は、保護者から構成されるアソエーションにより運営されています。毎年総会で役員の選挙が行われると共に、前年度の運営についての説明および当該年度予算の審議が行われます。


マラソン大会 ( )

全セクション、学年が参加する全校恒例行事です。保護者参加枠も設けられています。


秋休み

新学期が始まって初めての、2週間の長期休暇です。フランスの休暇は、居住地域により休暇の日程が異なります。リヨンは、バカンスAグループに属します。


クリスマス市 ( / )

各セクションごとにクリスマスらしいスタンドが立ち並びます。日本語科では保護者が手作りの食べ物や小物を販売します。子供たちがとても楽しみにしているイベントのひとつです。


クリスマス休み

クリスマス、新年を含めた休暇です。休みの前には、クラスごとに各国のお菓子を持ち寄るパーティーが開かれることもあります。


二学期 1月〜3月

書き初め ( )

各学年ごとに、新年の書き初め会を行います。


マルディグラの仮装パレード ( )

マルディグラ(謝肉祭)のカルナヴァルとして仮装パレードを行います。年ごとにテーマを決め、色とりどりの仮装を楽しみます。



オープンスクール ( / )

リヨン国際学園への入学編入を考えていらっしゃる保護者およびお子さんのために、中高の校舎オープンスクールを実施します 。


冬休み

通称『スキー休暇』とも呼ばれる2週間の休暇は、児童たちがスキー等冬のスポーツに親しむ機会でもあります。


日本語科懇親会 ( )

日本語科に対する日頃の支援に感謝の意を表すと共に、より一層地域との交流を深めるために、企業団体個人の方々を招待して行う懇親会です。


春休み

フランスでは、パック(復活祭)休暇と呼ばれています。


三学期 4月〜6月

古本市 ( / )

各セクション合同参加の恒例行事です。古本は保護者子供たちが持ち寄り、売上金は、校内活動校外活動等に使用されます。


学習発表会 ( / )

授業参観のないフランスで、保護者が子供たちの学校での活動を目にすることの出来る、数少ない機会です。


ケルメス ( / )

CSI小学部全校あげてのお祭り、恒例行事です。各セクション、色とりどりに飾り付けられたスタンドを中心に、様々な催しが行われます。


卒業式 ( / )

日本ならではの行事である卒業式を、保護者の方々を招待して行います。


夏休み

7月の初めの週から2ヶ月の長期休暇です。日本語科では、日本の習慣を鑑み、夏休みの宿題があります。